イメージを良くする方法

ターゲット層を決めよう

定期的にお客さんに、ノベルティグッズをプレゼントすると効果的だと言われています。
需要が高いノベルティグッズだったら、それを目当てにお店に来てくれたり、商品を購入したりしてくれます。
企業のイメージアップに繋がるので、実用的なグッズを考えてみてください。
具体的には文房具や、日用品などが挙げられます。
さらに、ターゲット層を意識してください。
商品を売り込みたいターゲット層に合わないノベルティグッズでは、せっかく作っても誰ももらってくれず、作った費用が無駄になります。

ノベルティグッズをもらった人が気軽に使えるよう、デザインをシンプルにするのが良い方法です。
見た目が派手だったり、企業の名前が大きく入ったりしているグッズは使いにくいと思います。
企業を宣伝することが目的でも、企業名は控えめに入れましょう。
配布するノベルティグッズは大きすぎないことも大事です。
大きすぎるノベルティグッズだと使いにくいですし、お客さんの荷物になる可能性があります。

定期的にノベルティグッズを配布するのであれば、時々は珍しいものを選ぶのも良い方法です。
実用的なノベルティグッズの方が喜ばれますが、それでは毎回同じになるかもしれません。
お客さんは、もう持っているノベルティグッズならいらないと感じます。
マンネリ化を防ぎ、いつでもお客さんに喜んでもらうために、珍しいノベルティグッズを配布しましょう。
ノベルティグッズを選ぶ前に景品表示法や、知的財産権などのルールも確認してから作成してください。

TOPへ戻る