イメージを良くする方法

シンプルなデザインがおすすめ

デザインは派手にしないように

ノベルティグッズは、シンプルなデザインのものが好まれやすいです。
例え実用的な文房具やタンブラーといった種類でも、派手で個性的なデザインだったり、企業の名前やマークが大きく入ったりしているものは、使うのが恥ずかしいと感じるかもしれません。
結局誰も欲しいと思わないので、企業のイメージアップ作戦は失敗してしまいます。
誰でも、どのような場面でも使えるようなデザインを意識しましょう。

ただ企業のことを知ってもらうために、名前やマークをノベルティグッズに入れるというのは非常に大事なことです。
企業名を覚えてもらうために、小さく目立たない部分に入れると良いでしょう。
するとセンスが良いとお客さんに思われるので、よりイメージが良くなります。

コンパクトなサイズ

お客さんがお店やイベントに来て、その場でノベルティグッズを渡す場合は大きいサイズのものは控えてください。
サイズが大きい日用品は使いにくいですし、持って帰るのが大変になります。
ノベルティグッズにお客さんが興味を持っても、持って帰る側の負担になりそうだと思うと、お店やイベントに行くことを諦めてしまうかもしれません。

カバンに入るぐらいのサイズのノベルティグッズがベストですね。
どうしても大きいサイズのノベルティグッズを用意したい場合は、グッズを入れる専用の袋も準備してください。
小さなカバンでお店やイベントを訪れたり、カバンを持ってこなかったりしたお客さんでも、ノベルティグッズをしっかり持ち帰ることができます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る