イメージを良くする方法

レアなノベルティグッズを考えよう

インパクトを与える効果

実用的なノベルティグッズだけでなく、個性的なノベルティグッズを配布しても良いと思います。
個性的なグッズはお客さんにインパクトを与えられますし、希少価値が高ければ欲しいと感じる人が増えるはずです。
毎月お客さんにノベルティグッズを配布している企業は、数か月に1回は珍しいノベルティグッズにしましょう。

実用的であることにこだわりすぎると、毎回似たようなデザインのノベルティグッズになってしまいます。
お客さんは、最初は喜んでくれたかもしれませんが、次第に飽きるかもしれません。
同じものが自宅にたくさんあっても邪魔なので、お客さんはお店やイベントに来なくなります。
ノベルティグッズのバリエーションを、増やすよう心がけましょう。

法律をきちんと守る

ノベルティグッズを配布する際は、注意しなければいけない法律があります。
まず景品表示法という法律で、この法律ではあまりにも高価なものを、お客さんに無料で配布してはいけないという決まりになっています。
価値があるノベルティグッズはお客さんに喜ばれやすいですが、原価が高くなりすぎないように調整しましょう。

またキャラクターのイラストを勝手に使用したノベルティグッズを作成すると、知的財産権や著作権を侵害してしまいます。
キャラクターが描かれているノベルティグッズは需要が高く、お客さんを集めやすいですが、きちんと許可を得てからイラストを作成しましょう。
グッズのデザイン時は、借りているキャラクターのイメージを損なわないことも大切です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る